MENU CLOSE

第3回 ママのねオンライン勉強会 flower-icon

第3回ママのねオンライン勉強会が2020年9月22日に開催されました。

★テーマ:「ここまでできる!こんなこともできる!これもあり!あれもあり!」継続ケアの実際

★ゲスト:松浦照子さん

★内容 
・松浦照子さんのオープンシステムについて
・出産ケア政策会議における12月からのMy助産師育成プログラムについて
・松浦照子さんの助産師としての道のりと大切にしていること


現在、照子さんはオープンシステムでの出産に携わっていらっしゃいます。(➡出張さんばステーション

照子さんは、より多くの助産師がMy助産師として生きていけるように、仲間を作り、新しい働き方を開拓し、実践されています。


「ここまでできる!こんなこともできる!これもあり!あれもあり!」松浦照子さんの継続ケアの実際

について、皆でお話をお聞きしました。


127名の方がお申込をしてくださり、参加してくださった方がずっとニコニコと笑顔でいらしたことが印象的でした。



《皆様からのご感想》


◎照子さんが、女性に対して、あなたはどうしたいと思う?と問いかけ、そしてそれに対してそうそう、それでいいんだよと受け止める。そうして女性の中にある答えや思いがおのずと出てくる。自分の体やお産に自信の持てない女性がいた時についつい答えを出してあげたくなるけれども、そうではない、女性が自分の中にあるものを素直に感じ取れるような関係が築けるよう精進したいと改めて感じました。その為の感性と直感。



◎私の好きとかやってみたいとかこれは苦しいとかいう感覚もお母さんの出産や赤ちゃんに対する感覚も大切にしようと思いました。私のまんま。素の自分でお産に向かおうと思いました。フィルターかけることなく素の自分で。
なんか凝り固まってる自分がふわふわと和らいでいくようなお話が聴けて本当に嬉しく思います。



◎助産師の本気がお母さんに伝わる。心配するより、恐れるより、目の前のことにちゃんと向き合うことをやる。お母さんの思いを受け取った照子さんの本気が、その時々で誠実に対応してきたことが、道を開いたんだと感じました。
そして、ユーモア。力の抜け加減がとっても素敵でした。



◎この情報社会、何にも調べないで、何にも思わないでいるお母さんがいるはずがないと。
私たち助産師が、どんなに些細な思いも、うんうんって聞いてあげてないんじゃないかと思いました。
照子さんの、行動力。もう、これに尽きるんだと思いました。



◎今回地域の助産師会からこの勉強会の話を聞いてはじめてママのねプロジェクトのことやMy助産師制度についてしりました。照子さんをはじめ熱い助産師達の熱いトークがとっても楽しくあっという間の時間でした。私は勤務助産師ですが、ママ達の願いを知りそれが叶うように動いていけたらと思います。素敵な時間をありがとうございました。



◎行動をしたことにより仲間が見つかった。そして仲間とお産ができた。照子さんはいつも行動をしていた。行動の先に道が開ける。
女性のために、じゃなくて、女性がこうしたいって言ってます。と医師に伝える。
そして私は照子さんみたいにアホになれない。踊ったり歌ったりできない!
と思うなりに、私なりにあらためてアホになろうと思いました。
たったひとりでも助産師さんが今回のお話を聞いて、行動にうつされた方がいらしたら、本当に嬉しいです。



◎「女性たちが育ててくれた。出会った女性たちが本当に素晴らしい」とのお話。以前、大ベテランの開業助産師さんがおっしゃってた言葉と全く同じでした。
やはり、助産師は女性に育ててもらってますね。そして、そう思える謙虚さと、その女性の力を感じとり、のびのびと引き出せる関係性を築けてることが、また、素晴らしいのだと思います。



*・*・*・*・*・*・*

自宅分娩を望まれるお母さんが、もし病院で産むことになった時にも病院でのお産に立ち会うことができるオープンシステムをつくりあげていらした照子さんのお話は、「目の前の女性が導いてくれた」という言葉通りに女性が照子さんを励まし、そして照子さんが私たちを励ましてくれる、そんな内容でした。


◆登壇者プロフィール




ゲスト松浦照子さん


岡山県倉敷市生まれ。 看護師・看護教員を経て36歳で思いがけず助産師となる。
結婚を機に埼玉に移住。平成16年に埼玉にて出張専門助産師として開業。チームでのお産の面白さを発見。
平成27年に北杜市に移住。
山梨市の嘱託医中村雄二Dr.との出会いで、現在の出張さんばステーションの形態が始まる。

岡崎にある吉村医院に原点があると直感し、約10年通い続けた。2011年から沖縄好きが高じて、沖縄市にある産婦人科医院「ゆいクリニック」応援助産師として沖縄にも時々滞在。

出張さんばステーション日野春 松浦助産院 http://midwife.jp/matsuura

カテゴリー