MENU CLOSE

2022.1.24

大野誠士さんの特別講座開催報告 flower-icon

大野誠士さんの特別講座が2022年1月16日に開催されました。

★ テーマ:声に出して伝えたい助産師さんたちへの心からのエール

★ ゲスト:大野誠士さん(Office Seiji Ohno 代表)

★受講対象者:LMC助産師育成プログラム1期、2期受講生、出産ケア政策会議正会員および賛助会員

★内容:

・調和共鳴のための場づくりのための原則

・自然のリズム

・助産師の本質とは

・今一人一人に求められていることとは?

このイベントは出産ケア政策会議正会員、賛助会員、および第1期2期LMC助産師育成プログラム受講者の193名の方にお知らせする形で開催しました。録画の視聴回数も鑑みて約130名の方がご参加・視聴してくださいました。

2021年9月より始まりました第2期LMC助産師育成プログラムは、12月に全11回の講座を終え、特別編として第1期と同じく大野誠士さんにお話をしていただこうという流れで今回のイベントが立ちあがりました。第1期の際も「非常に良かった」という感想を多くいただきましたが、今回もテーマであった「声に出して伝えたい助産師さんたちへの心からのエール」とおりの、大変有意義な会となりました。

沢山のご感想の一部をご紹介させていただきます。

●穏やかな気持ちになれるお話をありがとうございました。小さきことを確実にコツコツとやり続けていこうと思います。

●助産師を「お産の守り人」「神職・聖職」と言ってくださる方は他にはいらっしゃらないのではないでしょうか。素直に嬉しかったです。

●数字や形として目に見える結果ではないけれど、こういった女性の声やつながりを大切に、自分らしくマイペースで進んでいきたいと思っています。

●お産の守り人、守産師。先輩方はこの言葉のとおり母子の命を守り女性が輝く太陽であるよう生き方を守ってこられたのだと思いました。参加させていただきありがとうございました。

●ゆっくり歩けば足跡がきれいに残る。大野さんの言葉に救われました。

●昔から続いてきて大切にされてきたお産を大切に守り続けたいと思いました。

●女性たちが目覚めるメッセージだったり、お産は自然そのもので生命の根源だなと改めて感じました。

●助産師としてお母さん達に寄り添って産む力・産まれる力を導くのは難しい技術だなと感じることが多いのですが今日大野さんから受け取った愛をお母さん達へ循環させていきます。

●自身の中の女性性を取り戻したような豊かな気持ちになりました。

●1日経った今でも大野さんの話す姿やスライドが浮かんできます。たくさんのエールをいただいたという思いです

●自分ができることを少しずつでもいいからやっていこうとあらためて自分を励ますことができました。多くの助産師に聞いてもらいたいと思いました。

お話をしてくださいました大野誠士さんに、心からの御礼を申し上げます。

ゲスト 大野誠士さん(Office Seiji Ohno 代表)


Office Seiji Ohno 代表
コンサルタント/コーチ
カリフォルニア州公認心理セラピスト
トラウマヒーリングセラピスト
CIISソマティックカウンセリング心理学部元専任教員・准教授

周産期トラウマヒーリングワーク-レイ・カステリーノ先生
出産ケア政策会議 正会員
https://seijiohno.jp/
https://note.com/seijiohno

カテゴリー